不動産持分を売却する方法とは?

不動産を共有で所有する理由として考えられるのは、相続による家族との分割や夫婦間での分割です。
どちらも所有する時の負担を減らしたいというのが理由になります。
共有者全てが保有することに問題がなければいいですが、一人でも維持が難しい状態になると売却を検討しなければいけなくなります。
単体で保有している場合と違い、不動産持分だけを売却するのはとても困難です。
基本的には共有している不動産全体を売却する必要があります。

特にマンションなどは物件自体を分割することができないため、簡単ではありません。
どうしても一部の不動産持分を売却したいなら、共有者に買い取ってもらうか、自分が全体を買取売却するかになります。
どちらもかなりの費用が必要となるので、実現可能かをしっかりと確認することが重要です。
これから共同所有している不動産に誰も住む必要がないなら、共有者の同意をとって売却することが負担が少なくていいでしょう。

不動産持分の売却は共有者の同意が必要

不動産持分を処分したい時には、まず共有者の同意を得て全体を売却することを検討しましょう。
売却後の分配を話し合い、折り合いがつくようにしておけばトラブルにはならないでしょう。
共有者との関係が良くない時には、共有者の同意を取ることが難しいかもしれませんが、不動産持分だけを売却すると必ず何らかの費用が残るようになります。
業者を利用して売却すると、その後に賃貸料が発生することとなり、その後に居住する人に大きな負担とおなります。

全てのケースを検討して最も負担が少ない方法が、全体の売却と言えます。
感情的な判断では売却しなければいいということになりかねませんが、人それぞれ事情があり、そのまま維持し続けることが困難な場合があります。
場合によっては、第三者の介入を必要になる恐れがありますが、それでも全体で処分する方が負担が少なくなって安心です。
長引けばそれだけ維持費がかかるので、早めに結論を出すことが重要です。

まとめ

不動産持分の売却は、共有者との関係がとても重要になります。
良好であれば話がしやすいので、共有者の同意が取りやすく早期に解決できるでしょう。
関係が良くない時は、話をすること自体が難しくなります。
この場合、お互いのメリットやデメリットだけでも理解できるようなら、まだ解決の目処がつきそうです。
関係性が良好な時に、売却のときの話し合いをしておくことが重要です。
書面でまとめておくとトラブルにならなくて安心です。