自分の不動産持分のみでも売ることはできるのか

共有名義の不動産も活用できない場合は、税金や維持費ばかりが発生してしまいます。
できることなら売却して、現金化したいと考えている人も多いのではないでしょうか。
共有名義の不動産も共有者全員の同意があれば、通常価格で売ることができますし売却で得たお金を分けることもできます。
共有名義の不動産では、同意がスムーズに得られないことも多く、売却できずに悩んでいる人も少なくありません。
その場合は、自分の不動産持分だけを売ることも考えてみましょう。
この場合は、他の共有者の同意も必要なく、自分の不動産持分のみを現金化できます。
民法でも定められており、違法ではないので安心して売ることができます。
とはいえ、不動産持分のみを売るときも注意点があります。
まず、売却などの活用が難しい不動産持分だけを欲しがる人はほとんどいないといえます。
売れたとしても、相場価格よりも安くなることは理解しておきたいところです。

専門の買取業者に相談しよう

不動産持分を早く手放したい場合は、専門の買取業者に相談することがおすすめです。
一般的な不動産売買では、不動産持分を購入してくれる相手を見つけることは困難ですが、買取であれば解決もスピーディーになり、短期間で現金を得ることができます。
共有者への相談も必要ありませんし、古い物件や訳あり物件もすぐに売れるのもメリットです。
面倒な共有関係を解消できるのも、大きなメリットといえます。
共有不動産は、新たな相続が発生するとより複雑化していきますが、手放せばそうした気苦労もなくなります。
買取業者を利用する場合は、仲介とは違うので仲介手数料の発生もありません。
専門の業者なら、トラブルなく安全な取引ができることも期待できます。
不動産持分を専門に扱う業者もいくつか存在しますが、取引をする場合も豊富な実績があり、信頼性の高い業者を選ぶことが大切です。
依頼する前には、業者の評判も良く調べておきましょう。

まとめ

共有名義の不動産は売却が難しくなるというデメリットがあります。
共有者の同意が得られず売却できないケースもありますが、自分の不動産持分なら同意を得る必要はなく売却可能です。
専門の買取業者を利用すれば、すぐに現金化もできますし煩わしい共有関係から離脱できるのもメリットです。
スムーズに売却するためには、業者選びで失敗しないことも大切です。
実際に取引をする前には業者の評判や信頼性の高さはしっかりと調べておくことをおすすめします。